遺言

【遺言】公正証書遺言の費用を知りたい

1.公証役場へ支払う手数料

 まず、公証役場へ支払う手数料部分については、財産を譲る人の数と、その額に応じて変わります。

ゆずる人1名につき以下の手数料。

ゆずる額手数料↓
100万円以下の場合5,000円
100万1円 ~ 200万円7,000円
200万1円 ~ 500万円11,000円
500万1円 ~ 1000万円17,000円
1000万1円 ~ 3000万円23,000円
3000万1円 ~ 5000万円 29,000円
5000万1円 ~ 1億円43,000円

例 以下のような遺言をつくるとき

 遺言者が、3人の者に、次の金額の遺産を、それぞれ譲る内容の公正証書遺言を作成した場合。

公正証書遺言の手数料総額は、6万8000円(非課税)になります。内訳↓

ゆずる額手数料
 へ母2000万円23,000円
 ぬ助700万円17,000円
 る子700万円17,000円
 遺言加算※11,000円
 合 計68,000円

 ※遺言加算は1つの遺言に対して11,000円の定額で加算されます。

 相続させる人と金額を、上の表のようにあてはめて、計算してみてください。

 その他、公証人の先生にご自宅など居所まで出張してもらう場合は、別途費用や交通費がかかります。

2.ご依頼の流れと準備物

簡単な流れ 

 当事務所での簡単な流れは以下の通りです。

もしもし~。(又はメールにてご予約。)

事務所またはご自宅にて、費用と流れをご説明します。

お近くの方はここまで無料です。

ご検討の後、ご依頼頂ければ、公証人先生と遺言の原案をお作りします。

 以上が整いましたら、公証役場へ出向くか、お住まいまで出張により、遺言をなします。原案の作成にはおよそ2~3週間ほどかかるかと思います。

ご準備いただくもの
  • 遺言者の印鑑証明書 1通
  • 遺言者のご実印
  • 不動産があれば、固定資産税納税通知書(課税証明書)

3.司法書士報酬

 また、公証役場へ支払う手数料とは別に、当事務所では、司法書士報酬および証人費用として84,000円~(消費税別)頂戴いたします。

わーちゃん

2020年夏スタートの新しい遺言方法もあるよ。↓

【2020】新「書いて保管する」遺言公正証書遺言との費用や効果を比較しました。...

ABOUT ME
福井 孝博
司法書士の福井です。住吉区の長居で夫婦2人で事務所を始めて、コツコツと11年目になりました。このブログでは、実務で取り扱うことの多い、相続・遺言・成年後見などの情報やアドバイスをお伝えしています。お近くの方は特に相談料をお受けしていませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ。